海外事業

九州屋では、エア・ウォーターグループのシナジーを活かし、アジアを中心に積極的に海外事業を展開しています。
日本の素晴らしい野菜や果物を海外の方々に、広く知っていただくとともに、
九州屋で力を入れている繊細なカットフルーツの技術を実演するなどで好評を得ています。
シンガポールへの催事出店
シンガポールのショッピングセンター「リャンコート(Liang Court)」にて、「日本の旬を伝える」をコンセプトに隔月で催されるイベントに出店、多くの方が来場されました。また、インターネットでの受注販売にも挑戦しました。
台湾には毎年催事で出店
2016年から毎年、台湾で開催する食品の最大級の国際展示会「FOOD TAIPEI」に参加。また、高級ショッピングモール・微風廣場(Breeze Center)にも催事出店。1時間に1回、九州屋で力を入れているカットフルーツの技術を実演。お客様・従業員の方々にも好評で、たくさん写真を撮 られていました。
青果の輸出事業
健康志向の高まるアジア圏において、2016年から開始した青果物の輸出卸事業は、毎年好調の伸びを示しています。シンガポール、香港、台湾の主要輸出国に加え、2018年からはカンボジアやタイ、マカオなど東南アジア圏にも広く進出。今後も品種、輸出量を増やし、事業拡大を目指しています。